あとで読む

エステとクリニックの違い

自宅以外で脱毛をするとなると、通常はエステまたはクリニックのいずれかになるが、特に初めての場合はどちらを選べばよいのかという点でまず迷うことと思う。
女性が最も気にする部位は、わきと脚であると言われている。
これらは体の中でも特に露出頻度の多い部位で、手入れを怠ることができないため、それならばいっそのこと永久脱毛をしてしまおうという考えに至ると思われるのだが、エステとクリニックとではそもそも使用する器具、サービス内容、価格などあらゆる面で違いがある。
まず、エステのメリットとしては、大手であれば店舗数が多く通いやすいこと、美しい仕上がりが期待できること、エステティシャンが肌だけでなくメンタル面でもケアやサポートを行なってくれること、費用がクリニックに比べて安いこと、キャンペーン等を利用して事前に試せること、店舗によってエステティシャンの技術に差がないことなどがある。
それに対し、すべてのエステがそうだとは言い切れないものの、一般的にコースや化粧品購入の勧誘をしつこくされる場合があること、医療品が使えないため肌にトラブルが起こっても治療できない場合があること、器具のパワーがクリニックに比べて弱い分通う回数が多めになる場合があるばかりでなく、何度通っても結局完全な脱毛ができないというケースもあること、医療行為に該当するためレーザーが使用できないことなどがデメリットとして挙げられる。
また、クリニックのメリットは、厚生省等で認可された医療機器を使用するため安心で高い効果が期待できること、プロのカウンセリングによりそれぞれの肌に合った方法で施術をしてもらえること、しつこく勧誘される心配がないこと、施術後のケアに医薬品を使用できること、レーザーのパワーが強いため短期間で完了できることなどがあるが、個人経営の場合はクリニックによって技術の差がある場合もあること、料金がエステに比べて高いこと、麻酔等による軽減が可能ではあるものの、照射力の強いレーザーを使用した場合は痛みを伴うこともあることなどがデメリットとされている。
このように、いずれにもプラス面とマイナス面があるため、どちらが良くてどちらが良くないということは一概には言えず、要は安く手軽に通いたいならエステ、安全・確実に脱毛したいならクリニックというように、身体的にも金銭的にも自分が本当に納得できる施術を受けられるところを選ぶことが重要なのである。
Copyright (C)2017自分で脱毛・・・これだけは知っておいて.All rights reserved.