あとで読む

契約上のトラブル

エステサロンで脱毛する際に起こりうるのは、身体上のトラブルだけではない。
それどころか、実際は契約に関するトラブルのほうがより多く発生していると言われている。
最もよく耳にするのは、しつこい勧誘によって高額な契約を結ばされたり、あるいは本契約だけでなく追加契約までさせられたりしたという事例である。
勧誘する側は、おだてたりあおったり弱みにつけこんだりとさまざまな心理作戦を用いてくるため、頭では分かっていてもいざそういう状況になってしまうとついその手口に乗ってしまいがちだが、ぜひ冷静に考え、少しでも納得がいかないと思ったら即座にはっきり断る勇気を持つよう心がけたいものである。
こういった勧誘のほとんどは素人の無知につけこんだものであるため、脱毛価格の相場や脱毛に関する知識を事前にしっかりと身につけておき、プロに任せておけば間違いないなどと決して思わないことが大切である。
もちろん、必ずしもすべての勧誘が悪徳なものだとは限らないため、施術の費用、期間、効果の程度、痛みの度合、合併症や副作用が見られた場合のアフターケアや治療費の負担額、契約期間の延長、施術担当者が変わった場合の対応などについての説明を事細かく受けて必ず書面にしてもらうという段階を踏んだ上で、本当に納得がいったなら契約を結んでも問題はないと思われる。
ただし、いくら書面にしてもらったとしても、追加でかかる料金などの重要な部分は非常に小さい文字で書かれているという場合が少なくないため、契約書は隅々までしっかり目を通し、本当にこれだけの金額でよいのかと念押しすることや、少しでも不明瞭な点は突っ込んで質問して疑問を残さないようにすることも大切である。
そして、途中でトラブルが発生したらすぐにやめられるよう、ローンでの契約や年間契約ではなく回数契約にしたほうがよい。
特に年間契約をした場合、サロンの予約がなかなか取れないまま時間だけが過ぎていき、まともな施術も受けていないうちに期限が切れてしまうというケースが多いのである。
したがって、契約内容だけでなく、そのサロンの混み具合や予約状況なども事前に把握しておくことが、後々そのような損をしないためにも重要と言える。
しかし、もし契約上のトラブルが煩わしいのであれば、プロに頼らず家庭用脱毛器などでの自己処理を選択するのもまた一つの方法ではあるのかもしれない。
結局、自分にとって最も安心できる脱毛法を選ぶことが第一なのである。

美容・脱毛に関わる話は、役立つこのホームページでチェック

Copyright (C)2017自分で脱毛・・・これだけは知っておいて.All rights reserved.