あとで読む

自己処理方法とその長所・短所

ムダ毛の処理はエステやクリニックに任せるべきで自己処理などもってのほか、というのが一般的な意見のようであり、実際にそれがベストなのかもしれないが、さまざまな事情により、肌に良くないと知りつつも結局自己処理しかなすすべがないという人も少なくないのではないかと思う。
現に、自己処理の方法が紹介されているサイトもたくさんあり、必ずしも全面否定という雰囲気ではない気がするのである。
自己処理での主な脱毛方法としては、カミソリやシェーバーで剃る、毛抜き・ワックス・テープ・電気脱毛器で抜く、クリームで溶かす、脱色剤で色を薄くする、の4つが挙げられるが、それぞれに長所と短所があるため、どれが最善の方法かということは一概には言えず、各自の毛質や肌質を考慮して最も効果的でダメージの少ないやり方を選ぶ他はなさそうだ。
剃る方法は、あらゆる部位に適してはいるのだが、すぐに再生してしまうので効果が長続きしないのと、断面が広くなるため剃り跡が目立ってしまうというのが難点である。
抜く方法は、見た目がきれいに仕上がり、効果も長持ちするのだが、痛みが大きく、毛が途中で切れて根元部分が残ってしまう場合もある。
溶かす方法は、痛みがなくほとんどの部位で使えるものの、処理に手間がかかる割には効果が長持ちしない。
色を薄くする方法は、脱色するだけなので痛みはないが、毛が伸びてくると光って逆に目立ってしまう場合があり、また体質によってはかぶれなどが起こることもあるので注意が必要だ。
このように、方法はさまざまだが、それぞれの部位に適したやり方というものはある。
意外と目立つ顔や背中のムダ毛には、シェーバーやカミソリで剃る方法かクリームで除毛する方法、毛の再生が速くこまめに処理をしなければならないわきの下には、T字カミソリや電気シェーバーで剃るか、毛抜きで抜く、あるいはクリームで除毛する方法が適しているとされているが、わきの場合は毛質や量、生え方が人それぞれであるため、いろいろな処理方法を選ぶことが可能である。
腕や足もわきの下とほぼ同じ方法が適していると言えるが、他に比べて熱や摩擦に強い部位なので、テープやワックスではがして抜くという方法も選べる。
ビキニラインには電気シェーバーで剃るかテープやワックスで抜く方法が向いているが、刺激に弱い部位で毛の生え方もバラバラであるため、肌に負担をかけないよう、処理には多くの時間と手間が必要となる。
Copyright (C)2017自分で脱毛・・・これだけは知っておいて.All rights reserved.